おだんごのいえ 埼玉県所沢市

  • 家族構成: 夫婦+子供2人
  • 構造: 木造在来工法2階建て
  • 敷地面積: 70.30㎡
  • 建築面積: 48.31㎡
  • 延床面積: 116.54㎡(35.25坪)

場所は埼玉県所沢市。最寄駅から徒歩10分程度という好立地にも関わらず、大きな主要道路から一本入れば、お茶畑が広がる静かでのどかな場所です。

今回の計画地は、ご実家横に建っていた古家を解体して、ご夫婦世帯の新居を新築するというもの。同じ敷地内に建つお住まいだからこそ、お隣さんとなるご両親世帯との心地よい距離感を意識したいというご希望のもと、計画はスタートしました。

ガレージに車を停めて、深い軒と洗い出しの床に挟まれた長いアプローチを抜けて玄関に入ります。アプローチの横には、丁寧に芝がはられた大きな庭の中に、解体前からあった桜の木が一本。玄関を入って右側は水廻りなどのプライベートスペース。左側の造作扉を開けると天井高さ4mほどのリビングダイニングへと繋がります。そして、ダイニングの中心には、ご主人が絶対取り入れたかったという薪ストーブが。

ダイニングにストーブを設置したのは、お料理好きなご夫婦が、キッチンと庭に挟まれた位置で、よりアクティブにストーブクッキングを楽しむためです。

冬場は平日も含めて毎日焚いているというストーブは、既にお料理でガシガシ使用された跡がありました。計画が実現となった様子を伺えることができ少し嬉しくなりました

お仕事をされる奥様が拘られたのは、キッチンを中心とした家事動線。キッチン横にはリビングと繋がる掘りコタツ付きの和室があり、お鍋など和室での食事をする際は、直接配膳ができるような動線になっています。また裁縫がお好きという奥様のために、キッチン横にはミシンやアイロンがけが直ぐにできる家事室、その先にはご家族分の衣類も収納できる洗濯室、洗面脱衣室、洗濯物干し場と、全ての家事が一直線の動線で完結するようにしました。

キッチンに立ちながら子供の様子も見えるように、キッチン横には黒板塗装をした壁を設け、あえてお子様の遊び場を作ったり、2階にあるお子様の部屋への様子が分かるように、透過性のあるガラスで壁を設けたり、沢山の工夫をしました

お引越し半年後に撮影でお邪魔したお住まいでは、実際に生活をされて楽しく暮らしてくださっているご家族の様子を伺えることができ、とても嬉しかったです。ようやく基盤がととのった我が家で、やりたいことはまだまだ沢山!といったお施主様の暮らしに対する情熱にも、家を持つ意味を改めて感じさせられたのでした。

設計監理: アイシーエー・アソシエィツ一級建築士事務所(横浜)  撮影: 加納準

Houzz

東栄町のRe.Plan

愛知県名古屋市瑞穂区

hinatabokko

愛知県尾張旭市

金木犀と家

神奈川県川崎市

cadocco

愛知県一宮市

キバリノイエ

愛知県名古屋市

D.S.H

愛知県清須市