富山県射水市「Casa diagonale」基本設計終了の確認


台風も通り過ぎて秋晴れの中

2020.10.11

富山県射水市「Casa diagonale」基本設計終了の確認

今回の打合せは基本設計終了の確認打合せです。その前にお客様のお誘いで、射水市で評判の中華料理を頂きました。 (いつもありがとうございます。)

「李白」という名前のお店で、以前は隣の高岡市にあったらしく、美味しくてボリュームのあるとの評判の通りでとても美味しかったです。

どちかと言うと上海料理のカテゴリーに入ると思うのですが、一品のボリュームも、大きめに刻んだ具材もいい感じに主張していてまた行きたくなるお店です。価格も安価で気軽に行ける町の中華料理屋ですね。ちなみに五目あんかけ焼きそばを頂きました。

本題に入ります。基本設計が終了すると、次のステップは実施設計となりますが、その前に基本設計終了で作図された図面を工務店に見積り出しをいたします。

それは予算面の確認です。当初の予算通りであれば問題はありませんが、オーバーしたとなると、このまま実施設計に移行しても当然オーバーしたままの状態となるので、見積り金額に対して基本設計に少し戻ったり、調整をしたというステップを踏んでいきます。

予算通りといったことは割と少なく、打合せが進むにつれ設備や材料の仕様が上がったり、面積が増えたりとオーバーするのが一般的であります。それは工務店から見積りが上がってから考えるとして、今日は図面の二次元ではわかりにくい部分の確認として、簡単な手描きスケッチをご用意しました。

今回はモノクロスケッチで、あえて色や素材感をなるべく消して、デザインのプロポーションを見ていただく目的です。

オーナー様はわかりやすいと非常に喜んでいただきました。今日の打合せで一部変更があり、それを訂正して工務店に見積りを提出する準備を整えたいと思います。

まだ着工までやらないといけないミッションは沢山ありますが、気持ちは既に現場です。今年は寒くなると言われていますので、基礎着工はなんとか12月中の年内に完工させたいです。今後の流れがとても重要隣ます。

しかし、日帰り往復500kmはいつもながら疲れます。帰りは何度もパーキングエリアで休憩をしながらのんびりと帰ってきました。また明日も頑張りたいと思います。