前夜入りの富山にて


明日のハードスケジュールに備えて

2021.04.25

前夜入りの富山にて

明日は朝から射水市にて地鎮祭が執り行われますので、名古屋を5時ぐらいに出発しないとならないスケジュールとなります。

それだけであればいいのですが、その後、施工を担当する工務店とオーナー様との間で施工請負契約の締結。それを見届けて、大慌てで金沢に飛ばして建築相談と、ハードな内容になりますので、前夜入りした次第です。(長い前置きですみません)

まずは、いよいよと言うべきか、ようやくと言うべきか、オーナー様、大変お待たせしました。射水市「Casa diagonale」の工事着工前の地鎮祭です。

名古屋〜富山の距離感、またコロナ禍の中ですので頻繁に打合せなどがスムーズに出来ず、一時期設計をストップしている期間もありましたが、晴れて着工を迎えます。本当に嬉しいです。

綺麗な整形の敷地に、あえて建物を斜めに振り、そのズレが奥行きと空間の変化を齎す(もたらす)とても難しい施工となりますが、マジック効果のある、ヴィンテージテイストの深みのある邸宅となるでしょう。

終わり次第、金沢に向かう「建築相談」は、富山市内の弊社が業務締結をしています工務店と同席の上での建築相談です。内容は、金沢市内の購入された中古のマンションをヴィンテージ感があり、ラグジュアリーな雰囲気の「いい感じ」にしたいとの内容だと事前に伺っております。

コロナ禍によって嫌でも生活スタイルが大きく変化しました。家で過ごす時間が増え、空間の質を変えたいという考えが多く、高級リノベーションのお問合せを多く頂いております。ホテルライクな上質空間のリノベーションデザインはお気軽に弊社に申し付け下さいませ。

さて、かなり久しぶりに泊まる高岡市です。軽く食事をして少し散歩してきます。